美容整形前と後の自分の変化と発見

昔から一重まぶたがコンプレックスで高校の時は遊びに出かける際、大学の時は毎日つけまつげをつけていましたが、長年つけていたのでだんだん肌に合わなくなり、まぶたが荒れ腫れるようになりました。
社会人になり毎日化粧をするようになりつけまつげは、もちろんつけてはいけなかったのでお給料をためて美容整形で埋没法をやりたいと強く思うようになりました。

施術をされた方のコメントや画像を見るとかなり腫れたり、殴られたような青あざが残るということだったので、年末の少し休みが長いところで施術をお願いしました。
行くまではすごく緊張してどきどきしましたが、接客をしてくださる方が優しく、実は私も埋没法をしているんですよ、と気さくに声をかけてくださいました。

院内も清潔に保たれており術前は化粧落としなどをするルームに案内されましたが、タオルや洗顔料など全てそろっており、とても快適に利用ができました。
臭気ガスで気持ちがふわふわする中、目元に麻酔をされました。痛いと聞いていたのですがチクッとするぐらいで私は耐えられる痛みでした。チクチクと3点糸を通され麻酔が効いているので痛くはないけど、目のまぶたを上げられたりするので術中の光景が見え、途中怖くなりましたが数分で終わったのでなんとか頑張れました。

長い間コンプレックスを抱いていて、目の大きい人がうらやましいと外出をするたび思っていました。
同じ化粧をしても一重まぶたの人と二重まぶたの人では印象が違うし、細い目だから怖そうと第一印象で持たれることが大変多く何度も悲しい思いをしてきました。
親からもらった顔をいじるのはダメ、とよく聞きますが決してそうとは思いません。
なぜなら施術を行うことで今まで出来なかった事が出来るようになり、以前よりも自分に自信を持つことが出来たからです。
評判の美容整形クリニックがたくさんありますので自分がなりたい容姿、希望する価格、行きやすい場所を時間をかけて探してみるのもいいと思います。

PR|生命保険の口コミ.COM初値予想SEOアクセスアップ相互リンク集住宅リフォーム総合情報お家の見直ししま専科アフィリエイト相互リンク工務店向け集客ノウハウ心の童話GetMoney生命保険の選び方家計見直しクラブサプリメント健康マニアによる無病ライフ貯蓄童話